エビングハウスの忘却曲線

こんにちは!東進池下駅前校担任助手の杉本です。

先日友人と話していたとき、とても興味深い話を聞きました。

みなさんはエビングハウスの忘却曲線を知っていますか?

この話はいかに復習が大切かを教えてくれます。

エビングハウスの忘却曲線とはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが、

意味のない3つのアルファベットの羅列を、被験者にたくさん覚えさせて、

その記憶がどれくらいのスピードで忘れられていくかを実験し、

その結果をグラフ化したものです。

画像の説明

この実験から、20分後に42%、1時間後に56%、1日後に74%、

1週間後77%、1ケ月後79%が忘れてしまうという結果が出ました。

この結果からわかったことは、

1、記憶は、覚えた直後に、半分近く忘れてしまう。
2、残った記憶は、ゆっくり忘れていき、長く保持される。

と言うことです。

「人間は忘れる動物である」と言いますが、ここまでとは私も驚きです(笑

それでは、記憶を長持ちさせるには、どうすれば良いのでしょう?

そう!!

「復習」です!!

画像の説明

このグラフは、同じエビングハウスの忘却曲線に、

定期的な復習をした場合の記憶率を記入したものです。

この結果が明らかにしているのは、

「定期的に復習をすれば、その記憶は確実に定着していく」と言うことです。

逆に「一日で覚えた記憶は一日で忘れる」とはよく言ったものです。

上のグラフから分かるように、上質な記憶を維持する効果的な復習のタイミングは

1、覚えた直後
2、1日後
3、1週間後
4、2週間後
5、1ヵ月後

これだけ復習すれば、かなり上質な記憶が定着していることでしょう。

これを読んだあなた!

早速、今日から復習を始めましょう!!


参考文献
http://free-academy.jp/junior/index.php
エビングハウスの忘却曲線

2016年04月26日