睡眠のススメ

久しぶりの投稿です!
池下駅前校担任助手の藤樫です。



皆さん定期テスト対策や受験勉強頑張っていると思います。


そうなると大多数が考えるであろう…
「勉強時間が足りない…  睡眠時間を削ろう!」
少なくとも一度はこのような発想に至ったことがあるのではないでしょうか?


しかしご存知の方も多いとは思いますが
この考え方は逆効果です。
成績は上がるどころか下がってしまいます。



睡眠時間が削られることで
日中の授業や勉強で頭が回らなくなり、かつ集中力も落ちます。



夜中に勉強しても日中の勉強時間と同じだけの勉強効率は得られません。



睡眠時間を削ってどれだけ勉強時間を確保しても
なにもメリットはないのです。



しかし睡眠時間を確保することによるメリットはたくさんあります。


まずやる気・集中力・理解力・体力などが向上します。
そしてその集中力で日中勉強したことをその日の睡眠中に記憶として定着します。


また早寝早起きをすることで朝型の生活習慣が身につきます。
これは受験生にとってとても大切なことです!



センター試験や2次試験は早いと9時台に開始されることがあります。
つまりその時間に最高の集中力・パフォーマンスを発揮できるように準備しなければなりません。



「起床後3時間は頭が働かない」という話を聞いたことがある方もいると思いますが
実はこれには何の根拠もありません。



もっと時間がかかる人もいれば1時間で頭が働くようになる人もいるでしょう。


しかし睡眠時間が足りてない状態でギリギリまで寝るような生活を送っているひとが
起床後すぐにMaxの集中力を出せるかというとなかなかそういう人は少ないのではないでしょうか。



試験本番では充分な睡眠をとり、朝食を食べ、余裕をもって試験会場に行く。
これが鉄則です。



以前の投稿でも書いたことがありますが、
朝型の生活は一日二日では意味がありません。
前々から継続的に行なうことで効果がでるのです。


どうせやらなきゃいけないことなので今すぐ始めちゃいましょう\(^o^)/



実際勉強ができる人は睡眠時間をたくさんとっています。
最低でも6時間、理想は7~8時間です。



でもそんなに睡眠時間取ってたら勉強時間が確保できない。
という人もいるかもしれません。



そういう人は1日のスケジュールを見なおしてみましょう。


マンガ
スマホ
テレビ
ちょっとした休み時間

etc…


いろいろ削れる時間があるのでは?(^_^;)



休憩は大事ですがメリハリをもつことで
勉強時間の増加につながります。

2016年05月21日