【東進】センター同日体験受験のお知らせ!

センター同日体験

みなさん、こんにちは!
今回は「センター同日体験受験の概要」について
お知らせいたします。


【実施概要】

センター同日①

【特長①】

2018年度センター試験問題を受験生と同じ日に受験する!

【特長②】

東進では英・国・数だけではなく、理・社も受験できる!

【特長③】

試験実施から7日後のスピード返却で早期対策ができる!



【時間割例】

センター同日②

センター同日③

※あくまで時間割例なので変更になる可能性があります!



(質問です!)

センター試験は高2生にとっても、高1生にとってもまだまだ先のこと??

A.

そんなことありません。

高2生の1月までに合格できる可能性のある大学が絞られます。

 

なぜ絞られていくのか???

「英語」の例を出します!

英語画像

※東進タイムズ11月号

 

皆さん、資料①②を見てもらってわかることありますよね!

まずこの資料を解説します。

資料①は今年のセンター試験を受験した東進生を、受験勉強を始めた時期別に

グループ分けして、センター試験本番英数国の平均点を示したものです。

資料②は高2の「10~12月」にスタートしたグループの中でも、英語の基礎である

単語・熟語・文法を高2の12月までに完成させた人に絞って比較したものです。

 

「早めに受験勉強を始めるべき」とよく言われますよね、

まさにこれがその根拠となるデータでしょう!

勉強を早くから始めれば、始めていない人に比べて高得点になるのは当たり前。

ただそのなかでも、「いかに早期に基礎を固められるか」が後々のセンターの得点、

ひいては「合否までも」わけるということが伝えたかったのです!

 

この話を聞いて、納得してくれた皆さん
受験に向けて、ちょっと頑張ってみようと思った皆さん


お申込みはこちらから!

お申込み確認後、電話をかけさせていただき、受験票を受け渡し日を決定します。
校舎でお会いできることを楽しみにしております!


東進衛星予備校

2017年11月23日